無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
プロアマ交流戦終了。
 
サーパスとのプロアマ交流戦が無事終了。

 12日の南九州クラブ連合軍は5−10で、13日の北部九州連合軍は1−15でそれぞれ敗退したけど、本当に良い経験を選手はしたと思う。

 サーパス、及び関係者の皆様、ありがとうございました。

 写真はえびのの右翼場外からの一コマ。

 焼酎や、焼き鳥や、様々な屋台が提灯に火を灯して立ち並び、そして子供たちが走り回ってホームランボールを待っている。

 えびのと八代のこの二夜は、いつも別々なプロもアマも、そして大人も子供も、カクテル光線の下で踊る一つのボールを追いかけていた。

 夢にまでみた、本当にやりたかった野球の試合が、やっと実現することができたこの二日間だった。

 これからの野球界は、企業ではなく地域が支える構造に進化していく。

 そういう「野っぱらの球」が全国に普及された時、本来の都市対抗にアマ球界は戻れるはずだ。

 そして本来の都市対抗を開催することが出来た時、プロも融合された天皇杯開催を実現出来る時が来ると思う。

 それにしても・・・。

 えびのの明月に向かって場外へと飛んでいくホームランは綺麗だったなぁ・・・。

 初めて見るプロの豪快なホームランの、ボールを拾った子供たちや、打たれたアマ投手や、ビックリして振ることも出来なかったアマ選手が、夢を追いかけ、そしていつの日かその夢をつかめる日が訪れる事を願って。



 
JUGEMテーマ:スポーツ


| チームベースボールキッズ | NEWS | - | trackbacks(0) |
Trackback
http://teambbkids.net/trackback/466